がん遺伝子検査、CanTect、リスク評価、予防・再発防止管理株式会社ジーンサイエンス

  • コラム
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • 検査申し込み
  • サプリメント購入
TOP > 健康が気になる方へ > がん遺伝子検査

がん遺伝子検査

がん遺伝子検査

株式会社ジーンサイエンス

CanTect検査の4つの特徴

がん遺伝子検査とは

正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の後天的な変化を血液を用いて調べることにより、画像診断では発見が困難な「微細ながん細胞の存在リスク」を評価します。

そのリスク評価により、がんの予防や早期発見、再発防止などを行うための有用な情報を提供します。

超早期リスク評価ができます

遺伝子解析

画像診断や内視鏡検査では確認できないごく小さながん(5mm以下)でも、がん細胞から血液中の遊離される遺伝子(DNA、RNA)などを解析し、細胞レベルの”ごく小さながん”の存在リスクを評価します。これにより、超早期リスク評価が可能になります。

予防管理

予防管理指導

画像診断や内視鏡検査では確認できない”ごく小さながん”の存在リスク、あるいは遺伝子変異による”発がんリスク”の評価などを継続的に行い、一人ひとりの体質や生活習慣にあった最適な予防管理指導を実現します。

再発防止管理

再発防止管理

画像診断では追跡できないがん治療後の”ごく小さながん”による”がん再発リスク”を評価します。がん治療後、「がん再発にむかって進行しているのか」「改善されつつあるのか」をリスク評価し、一人ひとりの状態にあった再発防止指導を行います。

安全性

検査に要するのは約20mlほどの血液のみです。

他の画像診断のような放射線被ばくや強力な電磁波などによる人体への悪影響の心配はありません。

検査の流れ

1.説明・同意書の記入

まずはドクターの説明を受け、検査内容を確認してください。

検査の流れ

2.採血

血液をわずか20ml程度採るだけで検査ができます。

検査の流れ

3.検査

約2~4週間かけて血液中のがん関連遺伝子の検査を行います。

説明・同意書の記入

採血

検査

4.レポート

検査結果に基づき、発がんリスクや予防管理についてのレポートを作成します。

検査の流れ

5.結果説明

レポートをもとに、診断結果についてドクターから説明を受けます。

レポート
結果説明

提携医療機関で受診できます

採血のみのがん検診・CanTect検査は、提携医療機関からの受託検査です。

検査のお申し込みは、提携医療機関へお願いいたします。

※当社へお問い合わせの被検者様には、提携医療機関をご紹介いたします。

サプリの紹介

後天的要因が原因であれば、生活習慣、環境の改善、サプリメント、免疫療法などの予防的アクションで、がんの発症を未然に防げる可能性も十分にあります。

サプリの紹介はこちら

サプリの紹介