がん遺伝子検査、CanTect、リスク評価、予防・再発防止管理株式会社ジーンサイエンス

  • コラム
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • 検査申し込み
  • サプリメント購入
TOP > 医療機関の方へ

医療機関の方へ

医療機関の方へ

株式会社ジーンサイエンス

がん遺伝子検査導入のすすめ

がん遺伝子検査とは

正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の後天的な変化を血液を用いて調べることにより、画像診断では発見が困難な「微細ながんの存在リスク」を評価します。

そのリスク評価により、がんの予防や早期発見、再発防止などを行うための有用な情報を提供します。

遺伝子検査の目的

  • 超早期診断
  • 予防管理
  • 再発防止管理

遺伝子検査の技術詳細へ

遺伝子検査の技術詳細へ

ジーンサイエンスのがん遺伝子検査

当社のがん遺伝子検査は多数のがん関連遺伝子について変異解析、メチル化解析、発現解析を行い、総合的に発症リスクを評価する検査システムです。

Free DNAをがん細胞において高頻度で突然変異を起こす部位(ホットスポット)の塩基配列を用いて調べることにより、それががん細胞由来かどうかを識別します。

Free DNA のがん抑制遺伝子の遺伝子発現制御配列のDNAメチル化を検出することで、がん抑制遺伝子の不活性化によるがんのリスクを評価します。

密度勾配遠心分離による白血球の単核球(MNC)画分に含まれる細胞について、がん関連遺伝子の発現量をリアルタイムPCR法を用いて解析することで、がんのリスクを評価します。

特 長

  • ◎当遺伝子検査は、正常細胞ががん細胞に変化する「がん化」に関与する遺伝子の変異、発現、メチル化を調べることで、従来の画像診断をはじめとする臨床検査では発見不可能な微細ながんの存在リスクを評価できます。したがって、がんの「発症リスク」を顕在化し、予防管理、再発防止管理に有用な情報を提供できます。
  • ◎がん患者の治療前後に、がん関連遺伝子を総合的に解析することで、治療後の再発防止管理にも有用な情報を提供できます。
  • ◎発症までには多数のがん関連遺伝子が関与するといわれているがんにおいて、独自のアルゴリズムにより発がんリスクを評価します。
  • ◎DNAシーケンサー、リアルタイムPCRなどの最新機器を各検査に応じて使用しています。当社のがん遺伝子検査を導入していただき、日常のがん診療にお役立いただけましたら幸いです。
がん遺伝子検査

提携医療機関の方へ

内容Cantect全般FreeDNA濃度
サイズ B5 A4三つ折 A5 A4三つ折
表紙  がん遺伝子検査  がん遺伝子検査 がん遺伝子検査 ジーンサイエンス  がん遺伝子検査 
内容 CanTect検査説明やQ&A等を掲載しております。 (中国語版、英語版のご用意があります。) CanTect検査説明やQ&A等を掲載しております。 遺伝子検査説明の他にも、がん予防法や予防的治療法等も掲載しております Free DNA濃度検査についての説明、Q&A、検査の流れについて掲載しております。